銀行カードローンは保証料がかからずお金を借りれる

銀行カードローンは保証料がかからずお金を借りれる

銀行融資のフリーローンやその他のローンでは、
担保物件や保証人などがなくても借り入れできる金融商品はあります。

担保物件がない人や、保証人になってくれるような方がいない、もしくは人間関係が悪くなるため保証人を設定したくないという方にはオススメです。

ただ、そういった保証もなくお金を貸しては銀行でも万が一回収出来なかった場合には、赤字になってしまうでしょう。

このような金融商品の場合、担保物件や保証人の代わりに信用保証協会が万が一の時(自己破産などを行った場合)には銀行に返済を肩代わりしてくれるのです。

その代わり借り入れをする方は、融資の際に信用保証協会に保証料を支払わなければいけないのです。その金額は金融商品や融資額によっても異なりますが、数万円はかかってしまいます。

それは融資を受ける際に差し引かれたり、現金で支払ったり、金利に上乗せされたりします。結局は通常の金利の他に数万円も支払わなければいけないのです。これはたとえ完済しても戻ってくる事はありません。


一方で銀行カードローンの場合、保証料は一切かかりません。かかるのは純粋に融資を受けた額に対する利息のみなのです。他に費用が発生しないので、とても分かりやすいです。

銀行融資ではいくら金利が安く設定されていても、結局高い保証料を支払う事になるので、結果的に融資を受けた額以外に支払う額は銀行カードローンよりも高くなってしまう事もあるのです。

そういった保証料も計算して銀行融資がいいのか銀行カードローンがいいのか検討した方がいいでしょう。