担保や保証人なしでも借りれる銀行カードローン

担保や保証人なしでも借りれる銀行カードローン

銀行融資の場合、担保物件や保証人をつけなければいけないというケースが多々あります。

マイカーローンなどは、別に担保がなく借り入れできると思っている方もいますが、ほとんどの場合購入した車が担保物件となっており、万が一返済出来ない場合にはその車を持っていかれてしまいます。書類を見ると分かりますが、所有権が銀行やローン会社になっていることがあるのです。

これは住宅ローンも同じで、返済が終わるまでは建物や土地が担保となります。

また、通常の銀行融資でも、保証人なしでは借り入れできないので、保証人を設定してほしいと言われることが多いのです。

自分が借金するのはいいですが、他人に保証人にお願いするのはなかなかしにくいもので、場合によってはそれにより人間関係が悪化してしまうこともあるのです。

銀行カードローンが銀行融資よりも優れている点は、基本的に担保や保証人が要らないという点です。間違いなく、申し込みの際に担保や保証人を設定して下さいと言われる事はありません。その分金利などが高くなっているのです。

逆に言えば、銀行カードローンの審査に受からなかった場合に、「じゃあ担保物件を設定するので」とか「保証人をつけるので融資して下さい」といっても融資してくれることはありません。

基本的に銀行カードローンは担保や保証人なしという商品なのですから。

あくまで銀行カードローンは個人の責任という事ですから、個人の信頼度が低い場合には借り入れすることもできなくなります。