総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローン

銀行カードローンと消費者金融カードローンの大きな違いとしては、総量規制の問題があります。

総量規制とは貸金業法で定められていることであり、個人の借り入れ金額が原則として、その人の年収の3分の1を超える借り入れができないという制度です。

これは以前に消費者金融などで借り入れをして多重債務となってしまい、返済できず自己破産をしてしまう人が多かったことがあり、それを回避するために借り入れ金額を抑制する目的で定められたものです。

例えば、100万円を消費者金融から融資してもらいたいという方は原則として年収300万円以上ないといけないということになるのです。

実はこれは貸金業法によって金銭の貸し借りを行う消費者金融に対しての措置であり、銀行カードローンは総量規制の対象外となっているのです。

そのため、銀行カードローンが消費者金融カードローンよりも優れていることのひとつとなります。

もしも、前述のような年収300万円の方が100万円以上の融資を受けたいと思ったら、消費者金融ではどのような方法を使っても無理で、審査を受ける以前に借り入れ不可となります。その場合でも審査結果にもよりますが、銀行カードローンであれば借り入れすることが可能なのです。

総量規制はなにもその金融機関からの借り入れ希望額だけでなく、これまでの借入額も含めてとなります。

例えば、年収300万円の方が銀行カードローンで60万円借り入れをしていて、今度は消費者金融カードローンで510万円申し込んでも総量規制に引っ掛かるのです。