消費者金融からの借り換えに銀行カードローン

消費者金融からの借り換えに銀行カードローン

いろいろな用途で消費者金融カードローンや、銀行から融資を受けている人もいるでしょう。
銀行カードローンの使い道として、そういったこれまでのローンを借り換えるという方法もあります。

借り換えというと、よく聞くのが住宅ローンなどの借り換えです。その時の政治状況、世界情勢によって金利は大きく変わります。最初に借り入れした時の金利よりも今の金利の方が低かった場合、新しく借り入れをして、前のローンを支払うことで金利負担が小さくなり、利息も軽減され、毎月の返済額や返済期間が短くなります。

住宅ローンの場合は金額が何百万円、何千万円の世界ですから、金利がたとえ1%違っていても大きな差になります。

ただ借り換えの場合には、これまでのローンを一括返済することになります。繰り上げ返済手数料もかかるだけでなく、また新しくローンを組むとなると、保証料であったり、保証人やそのたさまざまな書類等も準備しなければいけません。


銀行カードローンの場合には、あらためて保証人を設定したり、保証料を支払うことなくすぐに借り入れできます。

また銀行カードローンは借入額によっては金利がかなり低くなる事がありますので、審査に受かるのであれば、金利が高く借り入れしていたローンを借り換えすることができます。

もしくは消費者金融カードローンで借り入れしていれば、確実に銀行カードローンの方が低金利ですので、繰り上げ返済手数料もかかりませんし、借り返した方がお得になります。

銀行カードローンの使い道記事一覧

リストラ・失業・無職に備えて銀行カードローンで借りれるように
銀行カードローンの使い道としては、今は使わなくてもリストラ・失業・無職など万が一の時に備えてただ持っておくという使い道もあります。
クレジットカードの引き落とし残高不足対策に銀行カードローン
クレジットカードの引き落としが残高不足でできなかった場合、あなたの信用情報にキズがつくことになります。何ヶ月も支払いが遅れるとブラックリストですから、そのような場合も銀行カードローンが役立ちます。
現金で物を買うときに足りないお金を銀行カードローンで借りる
クレジットカードで買い物できることが増えていますが、地方の商店や個人売買など現金で物を買うときに足りないお金を銀行カードローンで借りるという方法もあります。
消費者金融からの借り換えに銀行カードローン
消費者金融カードローンや、銀行から融資を受けている人もいるでしょう。銀行カードローンの使い道として、そういったこれまでのローンを借り換えるという方法もあります。
銀行系カードローンをおまとめローンとして借り換える
銀行系カードローンはおまとめローンとして借り換えることも可能。低金利で限度額が大きい銀行カードローンならではの使い道です。
急にどうしてもお金を借りたいときに銀行カードローンで借りる
急にどうしてもお金を借りたい時、銀行カードローンは平日の昼間であれば申し込みをしてカードの発行、そしてその日の内に融資してもらい、お金を借りることも可能。