銀行系カードローンをおまとめローンとして借り換える

銀行系カードローンをおまとめローンとして借り換える

銀行カードローンの使い道としては、他のローンの返済に回しても構いません。

「でも銀行カードローンは金利が高いのだから、何も高い金利で返済しなくても」

と思うかもしれません。

もちろん銀行カードローンは最高で15.0%もの高金利になります。

ですが、融資限度額がアップすればするほど、金利は低くなり、最も低いと4.0%程度ということもありえます。

もし、銀行からの融資や他の銀行カードローン、または消費者金融カードローンなどいろいろなローンを組んでいる場合、その借入金をすべてひとつにするおまとめローンとして銀行カードローンを利用する事も出来ます。

基本的に銀行カードローンは使用用途は問われませんから、問題ありません。

例えば、いくつもの消費者金融カードローンを契約していて、A社で50万円(18.0%)、B社で80万円(18.0%)、C社で100万円(18.0%)、その他に銀行での借入金が100万円(6.0%)、合計330万円ある場合、銀行カードローンに330万円で融資を申し込み、審査に受かれば、おまとめローンにするのがお得です。

もちろん、借り入れ金額は変わらないのですが、利息が大幅に軽減できます。

ただし、おまとめローンとして利用する場合気をつけなければいけないのが、今まで借入しているローンの金利と、おまとめローンとして利用する銀行カードローンの金利です。もしも今まで借入しているローンの金利の方が全て低ければ、おまとめローンの意味が無くなります。

よく金利を見て、金利が高いものだけをまとめるといいでしょう。

銀行カードローンの使い道記事一覧

消費者金融からの借り換えに銀行カードローン
消費者金融カードローンや、銀行から融資を受けている人もいるでしょう。銀行カードローンの使い道として、そういったこれまでのローンを借り換えるという方法もあります。
銀行系カードローンをおまとめローンとして借り換える
銀行系カードローンはおまとめローンとして借り換えることも可能。低金利で限度額が大きい銀行カードローンならではの使い道です。
急にどうしてもお金を借りたいときに銀行カードローンで借りる
急にどうしてもお金を借りたい時、銀行カードローンは平日の昼間であれば申し込みをしてカードの発行、そしてその日の内に融資してもらい、お金を借りることも可能。