急にどうしてもお金を借りたいときに銀行カードローンで借りる

急にどうしてもお金を借りたいときに銀行カードローンで借りる

家を建てる、車を買うという場合はある程度前もってお金を借りる準備をします。
そのため何ヶ月も前から銀行に融資を依頼することでしょう。

また、結婚資金なども前もって借り入れの準備もできます。

ですが、お金が必要となるケースとしては、そのように何ヶ月も前から予定しているお金とは限りません。急にお金が必要となるケースも出てきます。

例えば、テレビや冷蔵庫が壊れてしまって買わなければいけない、急に親族が無くなってしまい、保険金が下りる前にもいろいろとお金が必要になるというケースもあるでしょう。

そんな時に銀行に融資を依頼しても、審査に時間がかかりすぐに用立ててくれるとは限りません。
そんな時に銀行カードローンは便利です。

平日の昼間であれば申し込みをしてカードの発行、そしてその日の内に融資してもらえるのです。ですので、急な出費の際にはとても助かります。

よく銀行カードローンは金利が気になるといいますが、少額の融資であればそれほど気になるくらいではありませんし、すぐに返せるというのであれば、利息もたいしたことはありません。

たとえ葬式代で50万円借り入れしたとしても、保険金などが入る予定があれば、借り入れ金額は1ヶ月位です。また、少額であれば次の給料日に返済出来ますから、それでも1ヶ月で返済できるでしょう。

50万円で1ヶ月の利息は6千円ちょっと、1週間程度で返済できるなら1,500円位のものです。


もちろん銀行カードローンは申し込みのタイミングによっては融資可能まで2~3日かかることもあります。

そのため事前に申し込んでおけば、いつでも借り入れした時に土日祝日、夜間問わず借り入れできます。

銀行カードローンの使い道記事一覧

リストラ・失業・無職に備えて銀行カードローンで借りれるように
銀行カードローンの使い道としては、今は使わなくてもリストラ・失業・無職など万が一の時に備えてただ持っておくという使い道もあります。
クレジットカードの引き落とし残高不足対策に銀行カードローン
クレジットカードの引き落としが残高不足でできなかった場合、あなたの信用情報にキズがつくことになります。何ヶ月も支払いが遅れるとブラックリストですから、そのような場合も銀行カードローンが役立ちます。
現金で物を買うときに足りないお金を銀行カードローンで借りる
クレジットカードで買い物できることが増えていますが、地方の商店や個人売買など現金で物を買うときに足りないお金を銀行カードローンで借りるという方法もあります。
消費者金融からの借り換えに銀行カードローン
消費者金融カードローンや、銀行から融資を受けている人もいるでしょう。銀行カードローンの使い道として、そういったこれまでのローンを借り換えるという方法もあります。
銀行系カードローンをおまとめローンとして借り換える
銀行系カードローンはおまとめローンとして借り換えることも可能。低金利で限度額が大きい銀行カードローンならではの使い道です。
急にどうしてもお金を借りたいときに銀行カードローンで借りる
急にどうしてもお金を借りたい時、銀行カードローンは平日の昼間であれば申し込みをしてカードの発行、そしてその日の内に融資してもらい、お金を借りることも可能。