現金で物を買うときに足りないお金を銀行カードローンで借りる

現金で物を買うときに足りないお金を銀行カードローンで借りる

銀行カードローンの場合は、基本的に使用用途は自由です。どんな使い道でも構いません。

使い方としては欲しいものを購入することもできます。

銀行融資だと、使い道が限られてしまい、ブランドのバッグが欲しい、スーツが欲しいという理由では借り入れすることができない事が多いですが、銀行カードローンはまったく問題がありません。

もちろん、欲しいものを購入する場合にはクレジットカードを利用するという選択肢もあります。

ただ、欲しいものが必ずしもクレジットカードの利用ができるとは限りません。

有名なショップ等であればたいていはクレジットカードが使えますが、地方の店では使えないところもまだ多くあります。

また個人売買となれば、当然クレジット払いなどできませんから、そんな時には現金が必要になるでしょう。そうなると、銀行カードローンに申し込んで現金を手にするしか方法はなくなるのです。

とはいえ、銀行カードローンで気になるのは、やはり金利ではないでしょうか。

金利が高いから嫌だという方もいます。ただ欲しいものを購入するといってもせいぜい10~20万円程度でしょうから、利息と言ってもたいしたことはありません。

また、次の給料日に返済するという方なら、数百円程度の利息で済みますので気にするくらいではありません。

また、銀行カードローンによっては30日間無利息というような商品もあります。それを利用すればさらに金利は抑えられますし、30日以内で返済するのであれば利息はまったく発生しないのです。

銀行カードローンの使い道記事一覧

リストラ・失業・無職に備えて銀行カードローンで借りれるように
銀行カードローンの使い道としては、今は使わなくてもリストラ・失業・無職など万が一の時に備えてただ持っておくという使い道もあります。
クレジットカードの引き落とし残高不足対策に銀行カードローン
クレジットカードの引き落としが残高不足でできなかった場合、あなたの信用情報にキズがつくことになります。何ヶ月も支払いが遅れるとブラックリストですから、そのような場合も銀行カードローンが役立ちます。
現金で物を買うときに足りないお金を銀行カードローンで借りる
クレジットカードで買い物できることが増えていますが、地方の商店や個人売買など現金で物を買うときに足りないお金を銀行カードローンで借りるという方法もあります。
消費者金融からの借り換えに銀行カードローン
消費者金融カードローンや、銀行から融資を受けている人もいるでしょう。銀行カードローンの使い道として、そういったこれまでのローンを借り換えるという方法もあります。
銀行系カードローンをおまとめローンとして借り換える
銀行系カードローンはおまとめローンとして借り換えることも可能。低金利で限度額が大きい銀行カードローンならではの使い道です。
急にどうしてもお金を借りたいときに銀行カードローンで借りる
急にどうしてもお金を借りたい時、銀行カードローンは平日の昼間であれば申し込みをしてカードの発行、そしてその日の内に融資してもらい、お金を借りることも可能。