銀行カードローンは審査が早い!即日融資も可能

銀行カードローンは審査が早い!即日融資も可能

銀行カードローンが銀行融資よりも優れている点のひとつに、融資の審査が早いということが言えます。

一般的な銀行融資の場合、まず仮審査の申込書に記入し、融資可能か仮審査をおこないます。

その間が2~3日、その後仮審査が通れば、本審査のための書類に記入し、必要書類を添えて提出します。

そこから1週間ほど審査がかかり、融資可能となった場合に後日指定の口座に振り込まれます。

ただし、審査に受からない場合もあり、その際には保証人や担保物件を設定して書類を提出しなければいけません。このため、銀行融資で実際に審査が終わるまで2~3週間ほどかかってしまうこともあるのです。さらに土日祝日などがからんでくると、さらに日数がかかることもあります。これだと、今すぐお金が必要な場合には有効な手段ではありません。

銀行カードローンは、銀行融資よりもはるかに審査が早いです。

もちろん、申し込みをするタイミングにもよりますが、早ければ申し込みをしたその日に融資が受けられます。そのため、今日中にお金を振り込まなければいけない、明日までにお金を用意しなければいけないなど、急な出費の際にもとても便利です。

しかも、審査が早いということは、万が一審査に受からなかった場合の対応もしやすいということです。

融資の審査は銀行によって基準が異なりますから、ひとつの銀行で融資を断られたからといって他の銀行も断られるというわけではありません。

そのため審査に受からなければ、他の銀行に融資を申し込むことが可能です。ですが、審査に時間かかれば対応もさらに遅くなってしまうのです。

銀行カードローンなら、その日のうち、最短で30分~1時間程度で審査結果がわかるので、ダメな場合にはすぐに他のカードローンに申し込めるのです。