銀行カードローンでお金を借りる

銀行カードローンは低金利で総量規制対象外!

生活をしていれば急な出費、もしくはお金が必要になるケースが多々あるでしょう。

たいていの場合は、お金が必要な場合は少額であれば友人や家族から借りる人もいるかもしれません。ですが、パチンコをしたいから、旅行に行きたいから、ブランドのバッグが欲しいから、という個人的な目的でお金が必要な場合、気軽に貸してくれるとは思えません。また、銀行から融資をしてもらうという選択肢もありますが、たいていのローン商品は使用用途を記入する必要があるため、そちらも不可となってしまうかもしれません。

気軽に借りられる方法としては消費者金融カードローンがあります。消費者金融カードローンも実際は大手銀行や大手の信販会社のグループですから安全なのですが、消費者金融=ヤクザからみ、という悪いイメージを持つ人が多く、借りるのが嫌だという方も少なくありません。

そんな方にオススメなのが銀行カードローンです。その名の通り銀行が出しているカードローンです。使用用途も決められていませんから、極端な話ギャンブルや遊びに使う目的でも借入することができます。しかも銀行からの通常融資の場合は審査に数週間もかかってしまうのですが、銀行カードローンの場合は早ければ即日融資も可能です。そのため、急な出費の際などにとても便利なカードです。

カードローンというと気になるのが金利かもしれません。ただ銀行カードローンの場合、消費者金融カードローンよりも金利が低く設定されています。そして借入金額によっては年利4.0~5.0%程度の低金利で借り入れができ、場合によっては銀行の通常融資よりも金利が安く事もあるのです。またCMでも有名になっていますが、消費者金融カードローンは多重債務者を出さないための対策として年収の3分の1までしか借入できないという総量規制が設けられています。そのため、年収、借入額によってはいくら他の条件が整っていても審査の結果云々ではなく借りることができません。ただ銀行カードローンは総量規制の対象にはならないので、審査さえ通ればいくらでも借り入れすることができます。

銀行カードローンは借り入れしなければカードを持っていても利息は発生しません。そのため、万が一に備え持っておいた方がいいかもしれませんね。